ストロー1本で球が入りやすくなる魔法

ビリヤードの球が入らない原因の中で代表的なものに【キューの進む方向】と【狙っている目線】が別の方向になっている!というものがあります。

うまい人の動画をみてみると、うまい人が構えるとき、キューの向きと、顔の向きを
倒れる前に同じ向きにしていることがわかります。

このストロー作戦ではキューにガイドをつけることによって、キューの向きと見えてる景色を揃えることができます。これができると、見えている方向にキューが進むので、狙い通りに球が進みやすいです

ストローを用意しましょう。

まず用意するのはストローとテープです。マスキングテープがおすすめです。

cue

このようにキュー先にストローを装着します。

cue2cue4

キューとストローとが真上から見て完全に同じ向きになるようにテープで固定しましょう。

あとは構えるだけ!

あとは実際にキューをもって構えてみるだけです。構えている途中でキューの向きと狙ってる目線が全くずれなければよいのです。なので、上半身を倒す前の、ただ狙っているだけの時や、倒れるあいだもずっとストローはキューと同じ向きになるようにします。

そしてキューを素振りしている時も、ストローとキューが同じ向きなのを確かめながら素振りします。そして実際につき終わったあとはそのままキューを前に出したまま止まってください。練習なので球がキューにあたってもOKです。

良い例

cue6

キューとストローが同じ向きに向いています。これは入りそうです!

良くない例

cue5

ストローの後ろがキューとずれています。これは入らなさそうです。

うまくいってるか確めてみましょう。

キューをだして止まった時にキューとストローはどうなっているかも確かめましょう。狙い目線とキューの向きがそろっていればいるほど狙い通り進むので、球が入りやすくなります。

ちなみにこのストローの取付角度も好みがあるようなのでどれくらいの角度がわかりやすいか試してみましょう。また、キューとストローとの向きがずれやすいタイミングを探しましょう。素振り中はいかがですか?たくさんひっぱったりすると、ストローがくねくねしませんか?

ここを気をつけるだけでもかなり球が入りやすくなるので、ぜひ一度試してみてくださいね。


映像制作:唄ノ歌様
http://www.nicovideo.jp/user/55064685…

誠

ビリヤードコーディネーター

投稿者プロフィール

北海道札幌でビリヤードの普及活動中です。
上手になる方法やいろんな楽しみ方をたくさん知っていれば、きっとそのなかで自分にぴったりの楽しみ方を選んでいけるはず。
このビリラボをみてビリヤードしに行く人や、ビリヤード場でビリラボをみて楽しみ方を探す人がもっと増えたら幸せです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. バックハンド、ビハインド・ザ・バック、背面撞きという名前で呼ばれるこのショット。背中に回して構えるの…

Link

ページ上部へ戻る