もうガコガコしない!穴に球が弾かれないようにするチキンレース大作戦

せっかく穴までいったのにどうして戻ってくるの?

せっかく穴にむかって球が進んでいったのにガコガコッといって穴の中から戻ってきたことはありませんか?
この練習をするともうそんな心配はなくなります。
この練習をするだけで、穴へ向かった球であればほぼ入るようになるので、友達にも差をつけることができるかもしれません。

的球チキンレース作戦

的球(色のついた球)をなるべく穴の直前で止めるように転がす練習です。

自分なりに好きなところに球を置いて、手球(白い玉)を的球にあてます。
そして当たった的球がなるべく穴の手前ギリギリで止まるような加減で転がしましょう。

見事穴の前で止まったら、あなたは力加減も狙いも非常に正確にできているということです。

また、距離や角度などを変えて様々ためしてみると、苦手なところなどもでてくるので、
もしうまくいかず悔しい配置などがあれば練習メニューに加えてみるのも良いと思いますし、
友達とどちらがより穴のそばへ近づけられるかを競うのも面白いかもしれません。

寸止めのつもりがうっかり綺麗に穴に入ってしまう!

初めてチキンレース作戦を行う多くの方が「力加減を抑えたつもりなのに、思ったより球が進む」と答えています。
実際に力の強いショットや優しいショットも必要ですが、
まずどの加減で転がしたら穴にちょうど届くのか を自分なりにつかんでいると、
その次のステップになってくる手球のコントロールでも基準を作りやすくなります。

失敗なはずの入っちゃう球が実際のゲームではとってもうまそうに見えるショットなので、
「この加減なら綺麗に入る」という感覚を今までの感覚と区別して、覚えるようにしながら練習してみましょう。

寸止めより少しだけ転がすような力加減にすれば入るようになる!

穴の前で止められるようになった方は、どの加減なら届かなくて、どの加減なら綺麗に入るのか、といった
力加減の感覚をかなり区別できるようになっていると思います。

どの加減でショットするのがよいのかは、状況や人それぞれかとは思いますが、
それぞれの違いや基準を可能な限り覚えておくと、上達にも結びつきやすいのではないでしょうか。

これをゲームにしたのがノークッションゲームです。

もし興味があればやってみてくださいね。

誠

ビリヤードコーディネーター

投稿者プロフィール

北海道札幌でビリヤードの普及活動中です。
上手になる方法やいろんな楽しみ方をたくさん知っていれば、きっとそのなかで自分にぴったりの楽しみ方を選んでいけるはず。
このビリラボをみてビリヤードしに行く人や、ビリヤード場でビリラボをみて楽しみ方を探す人がもっと増えたら幸せです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ビリヤードの練習方法について質問です。ビリヤードを始めたばかりなのですが、 本や、youtube…

Link

ページ上部へ戻る