惜しいショットが入りやすくなるTake2作戦とは

どうして外れたのかわからない!ということはありませんか?

あと少しで入りそうだったのに、ほんの少しだけずれて入らないときや、どうして外れたのかわからないから次にどうしていいのかわからないといったことはありませんか?

もしかすると、ショットの最中や、ショットの後に、肘以外の何かが動いたせいで、球の動きが変わってしまっているのかもしれません。

しかも、自分1人ではそういった動きが無意識すぎて気づけないことがほとんどなため、この記事を読んでいる方の中にも、全く自覚なく身体が動いてしまっているために球が入らない方がいらっしゃるかもしれません。

もちろん動画を撮影したり、上級者の方にチェックしてもらうことで気づくこともできるのですが、そこまでガチで真剣にやりたいわけではないけれど、そういった些細な事で球が入らないのは悔しいなと感じる方は、是非一度今回の作戦を試してみてください。

ショットが終わったら、その場で動きを止めて同じ動きを再現するだけ!

キューで手球をついたあとは、キューを前につきだしたまま1度体の動きを止めて、一拍止めてください。
一息ついたら一度直前の身体の動きを再現してみましょう。

目線の動きや、キューを動かす手の動き、上半身の動きなど、どこかで何かが動いていないかを確認してみましょう。
特に、ストレッチをするような伸びる体勢の時や、レールのそばにあるような構えにくい体勢の時、狙いそのものに自信がない時などに、特に注意してみましょう。

肘から下だけしか動かさないはずなのに、同じ動きができなかったり、身体の何処かを修正しないといけないのであれば、残念ながらそれはすでに身体が動いてしまっています。

最初のうちはあまり意味を感じなかったり、身体が動いているかどうかもわからないこともあるのですが、何度か繰り返しやっていくうちにほんの僅かな違いなどを確認できるようになることもあり、この違いを感じられることで、自分なりにうまく行ったかどうかの度合いなど、細かなショットの違いがわかりやすくなります。

すぐに繰り返すから自分の感覚だけで振り返ることができる!

その場ですぐにもう一度キューの動きを再現することで、誰かに指摘されたり、動画などで振り返らずとも、自分一人の感覚だけで振り返ることができるので、こっそり上達を目指すのであれば、おすすめの練習方法です。

 

誠

ビリヤードコーディネーター

投稿者プロフィール

北海道札幌でビリヤードの普及活動中です。
上手になる方法やいろんな楽しみ方をたくさん知っていれば、きっとそのなかで自分にぴったりの楽しみ方を選んでいけるはず。
このビリラボをみてビリヤードしに行く人や、ビリヤード場でビリラボをみて楽しみ方を探す人がもっと増えたら幸せです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ビリヤードの練習方法について質問です。ビリヤードを始めたばかりなのですが、 本や、youtube…

Link

ページ上部へ戻る