ビリヤードのキューを背中ごしに構えるコツ

バックハンド、ビハインド・ザ・バック、背面撞きという名前で呼ばれるこのショット。背中に回して構えるのってどこかかっこよく見えて、一度は試してみた方多いのではないでしょうか?

でも思いのほかうまくいかなくって、かっこつけようとしてかっこつかなかったなぁーという方はぜひ一度この下に書いてあることを試してみてください。

成功確率がだいぶあがりますよ!

顔とキューの向きを揃える!

miku2

このショットをするとどうしても狙ってる顔の向きとキューの先っぽの方向がズレやすく、これが原因で外す人が多いといわれています。そこで登場していただいた初音ミクさんのように顔とキュー先を同じ向きに進むように注意してみましょう。キューの位置を決める時に顔とキューの向きが違うと外れやすいです。

miku

なるべくキューを水平に近づける!

このショットをするときってどうしても体勢が辛いのでキューの右手でもってるところが高くなり、球がジャンプしやすくなったり、球が曲がったりしやすいです。そこで、できる範囲でいいので少しずつキューを水平に近づけてみましょう。

キューの先っぽを手球(白いの)に近づける!

手球(白い球)とキューの先っぽが離れてると球が飛んでいったり、力がうまく伝わらなくてうまく転がらないことがあります。これ以外の構え方でも上手な人は先っぽが白い球に近くにあることが多いので意識してみてください。

ひじは高い位置で固定する

キューを水平にするのとは逆のことのようですが、なるべくひじを高い位置で保ち、キューをつるすようにしておきながら、体を少しミクのようにさげてみることで水平に近づけます。

こうすることで無駄な力が入りづらくなるので外れにくくなります。

キューの動きはコンパクトにする

 体勢が自然ではないので、長くキューをひっぱったり、長くキューを出そうとするとぶれやすくなってしまいます。そこで、キューの先の白い部分くらいひいて、あたってから白い部分くらいだすくらいを基準にします。

初音ミクさんを参考にしながら試してみてくださいね。

また、他のショットでも上の5つを参考にすると球が入りやすくなるので、やってみてくださいね!

誠

ビリヤードコーディネーター

投稿者プロフィール

北海道札幌でビリヤードの普及活動中です。
上手になる方法やいろんな楽しみ方をたくさん知っていれば、きっとそのなかで自分にぴったりの楽しみ方を選んでいけるはず。
このビリラボをみてビリヤードしに行く人や、ビリヤード場でビリラボをみて楽しみ方を探す人がもっと増えたら幸せです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. Infinity 9−1rack. 的球を10個使って遊ぶゲームで、好きな球から落としていって、最…

Link

ページ上部へ戻る